浜松市東区丸塚町の歯医者さん|さくら歯科|
矯正歯科・インプラント・歯周病・顎関節症治療等

予防歯科

痛くなる前に!予防のために医院に行くのがベストな選択です。
日本では、未だにほとんどの方が歯医者さんを訪れる理由として、「歯が痛む時」・「歯茎が腫れた時」・「詰め物や冠が取れた時」など、何か症状があった際に来院される方が多いのが実情です。しかし、違和感を感じてこまめに受診している患者様でさえ、実はお口の健康を損なっているというのが事実です。世界的に見ても治療中心の医療から、軸足を予防に移す事は今や常識となりつつあります。 当院の予防歯科は、お口の健康を生涯維持する事はもちろん、自分の歯をさらに美しい歯に育てる事を目的としています。 いつまでも健康で美しい歯を手に入れてみませんか?

「年を取ったら歯は悪くなって当たり前」と思い込んでいませんか?

各国の70歳の残存歯数皆様は、日本人の70歳時の平均残存歯数をご存知でしょうか?残念ながらたった8本といった結果が出ています。この数値は他の先進国と比べても極めて低く、日本においては「年を取ったら歯は悪くなって当たり前だ」と、漠然と思ってらっしゃる方の考え方も間違っていません。

しかしその一方、北欧の国では80歳でも入れ歯をすることなく元気な高齢者がたくさんいます。どうして、こんな差が出てしまうのでしょうか?
その違いを調べてみると、「歯が悪くなる前に歯医者へ行った」のか「歯が悪くならないために歯医者へ行ったのか」の違いだということが解っています。



上記の図からもお分かりのように、1~2ヶ月に1回、定期的に歯科医院で予防歯科のためのメンテナンスを受ける事により、残存歯数が飛躍的に伸びるのです。悪くもないのに歯医者に通う。これは一見不必要で面倒なことのようですが、その価値を知りその気持ちよさを経験した人にとっては、生活の一部・習慣と成り得えます。自分の歯を自分で守る正しい習慣をぜひ身に付けましょう!

PMTCの治療手順

PMTCとは、プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、予防歯科先進国の北欧で開発された予防プログラムです。歯磨きしても落ちない歯の汚れやバイオフィルムを、歯科医師・歯科衛生士が専門の器械を用いて取り除き、口腔内を清潔にすることで細菌の繁殖を防ぎます。
痛みや出血等を恐れ、PMTCを敬遠される方がいらっしゃいますが、ブラッシングの上達(当院での繰り返しの指導)や少なくとも3ヶ月に1回程度定期的に行えば不快な症状も少なくすみ、お口の中の清掃が行えすっきりと爽快感も得られます。



染出し

まず染出し剤を使用し磨き残しを確認します。ブラッシングテクニックの上達を目指します。

機械だけでは落としきれない凹みや窪みの部分はプロの衛生士が丁寧にクリーニングします。

研磨

磨き残しの部分を専用の機械で除去します。その後、歯肉を傷つけないよう柔らかいラバーカップという機械で境目の汚れを落とします。

フッ素塗布

歯茎が引き締まっていてとてもキレイに仕上がりました。最後にフッ素を塗布して歯質の強化を図ります。